データでみる葬儀の傾向 PART3/葬儀の意見・要望

データでみる葬儀の傾向 PART3/葬儀の意見・要望

データでみる葬儀の傾向 PART3/葬儀の意見・要望

今回も、一般社団法人日本消費者協会がまとめた「葬儀についてのアンケート調査」(第10回、2014年1月)で、最近の葬儀の傾向を探っていきたいと思います。

データでみる葬儀の傾向 PART3/葬儀の意見・要望

26-1 地域別葬儀費用

今回も、一般社団法人日本消費者協会がまとめた「葬儀についてのアンケート調査」(第10回、2014年1月)で、最近の葬儀の傾向を探っていきたいと思います。

葬儀費用について、地域別の最低額、最高額を見てみましょう。内訳として、(1)通夜からの飲食接待費、(2)寺院への費用、(3)葬儀一式費用、(4)葬儀費用の合計で表示しています。

地域 (1)通夜からの 飲食接待費 (2)寺院への費用 (3)葬儀一式費用 (4)葬儀費用の合計
最低額 最高額 最低額 最高額 最低額 最高額 最低額 最高額
北海道 2.6 50 10 60 30 300 20 500
東北 5 200 10 150 5 200 18 500
関東A 5 120 1 150 80 500 80 800
関東B 3 160 3 400 18 270 20 650
中部A 5 148 3 145 27 400 13.3 520
中部B 4 158 4 150 5 355 10 510
近畿 0.7 20 25 60 70 300 95.7 400
中国 2 30 10 56 15 125 62 300
四国 2 200 10 70 23 180 46.5 300
九州 1.5 250 3 80 8 300 56 1000

※関東A:茨城、栃木、群馬、千葉。関東B:埼玉、東京、神奈川。中部A:新潟、富山、石川、福井。中部B:山梨、長野、岐阜、静岡、愛知。本調査全体の標本数は2,020人、有効回答者数1,618人。

26-2 葬儀費用に関する個別的な意見

本アンケートでは、葬儀費用に関する個別的な意見を記述でまとめています。地域別の主な意見を紹介しましょう。

地域 主な意見
北海道 ■葬儀の日が悪いと経費(出費)も増す。
東北 ■家族葬の見積もりは27万円だったが、いろいろと予算オーバーした。
■他と比較するすべがないのでわからない。
■菩提寺と葬儀の場所が違うため、寺院への費用が高額になった。
■費用を含め、喪主に一任だったが、本当に親切な心のこもったサービスだった。
関東A ■寺への費用について一方的に出された。
■即返しの品のパンフレットが見られず、向こうの言いなりに決めてしまった。
■親族のみの割には高かった。
関東B ■地域の習慣で決められているので何とも言えないが、不必要なものが多かった。
■寺院への支払いが高かった。
■通夜も接待もなく告別式のみだったが高かった。
中部A ■祭壇が高額だった。生け花を別の葬儀に使い回すのは不本意だった。
中部B ■戒名料が高かった。事前に寺院に相談すると「1本」と言われた。
■金額の分だけしかやってくれない。金額により大きく待遇が変わった。
九州 ■当日、環骨の行事で経費が高くなった。弁当代、花代は計算外のことがあった。
■祭壇の飾り付けなど葬儀屋さんに積極的に促され、断りきれなかった。
■祭壇前の花飾り、遺影用のライト、司会者や接待係の費用が高かった。
■寺院への費用が高かった。

※関東A:茨城、栃木、群馬、千葉。関東B:埼玉、東京、神奈川。中部A:新潟、富山、石川、福井。中部B:山梨、長野、岐阜、静岡、愛知。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top