葬儀保険

葬儀保険

葬儀保険

調査によると、葬儀費用の平均は約188.9万円といわれます(財団法人日本消費者協会第10回「葬儀についてのアンケート調査」報告書)。
 一口に葬儀費用といっても、お通夜や告別式の葬式費用、故人の遺品整理費用、お布施や戒名などの寺院費用、墓地や仏具などの購入費用、お弔いの飲食接待費用、その他費用と様々な種類のお金が含まれます。

葬儀保険

51-1 葬儀費用の平均は約188.9万円

調査によると、葬儀費用の平均は約188.9万円といわれます(財団法人日本消費者協会第10回「葬儀についてのアンケート調査」報告書)。
一口に葬儀費用といっても、お通夜や告別式の葬式費用、故人の遺品整理費用、お布施や戒名などの寺院費用、墓地や仏具などの購入費用、お弔いの飲食接待費用、その他費用と様々な種類のお金が含まれます。
最近は、家族葬や直葬が選ばれるといっても、トータルの葬儀費用は小さくありません。事前に、費用準備をしておくことができたら安心ですね。

51-2 葬儀保険「千の風」

意外とかかる葬儀費用の負担に備えるための保険があります。ベル少額短期保険株式会社の葬儀保険「千の風」です。
「千の風」は月々1,500円の保険料を払い続けると、亡くなった時に100万円の保険金が支払われる仕組みです。毎月の保険料は年齢によって異なり、15歳から49歳までが1,500円、50歳から69歳までが2,000円、80歳以降は5,000円で、80歳10ヵ月までの人が加入可能で、99歳まで続けることができます。
また、保険金額は50万円、100万円、200万円、300万円と選択することが可能です
。 「千の風」は医師の診査なしに告知のみで加入できます。また、もしものときの保険金は、請求書類が整っていれば請求の翌営業日に支払われますので、急の葬儀費用の支払いにも対応することができます。

51-3 葬儀費用は保険で準備

葬儀費用を葬儀保険で準備するメリットの第一は、もしものときに法定相続人全員の承認が必要で引き出し手続きが面倒な預金口座とは違って、あらかじめ指定しておいた受取人が保険会社に手続きを行えば保険金を手にすることができる点です。
万一、遺産分割で相続人間がもめてしまっている場合でも、葬儀保険で葬儀費用を補てんできれば、葬儀を執り行うことは可能です。
なお、葬儀保険「千の風」の保険金の使途は自由です。葬儀以外でも遺品整理等にかかる出費も、葬儀保険の保険金を活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top